一般的には、築後8〜10年くらいの時が目安になりますが、建物の建築状況によって異なります。
外壁に手で触れてみて、
白くチョーク状の粉が着くようでしたら、塗装の時期にきております。
また、鉄部の塗膜の剥がれ・錆の発生、コロニアル屋根の紫外線による劣化や、藻やコケ、汚れの付着が目立ってきたら、時期が来たと判断できます。以下の写真のような状態になっていたら、塗装をお考え下さい。


外壁のチョーキング現象 コロニアル屋根の汚れ・コケ付着 屋根・棟鉄部の紫外線による色落ち
コロニアル屋根の紫外線による色落ち 鉄板屋根の錆・汚れ 鉄部の塗膜の剥離・錆の発生
雨樋・配管などの塗膜剥離 藻・コケ等による外壁の汚れ 外壁シールの劣化・亀裂



塗装工事部

TOP